08 | 2017/09 | 10

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
検索フォーム
FC2カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

偕楽公園の桜 津市

今日はまた寒い。

昨日は午後からの打合せを済ませた後、

あったかいしいい天気やし、もったいないので事務所近くの偕楽公園へ行ってきました。

画像-0661

満開

平日なのに結構な人で賑わっていました

 

天の岩戸 志摩市

伊勢神宮に参拝するのに、時間があれば、天の岩戸に行きます。

志摩と言っても、志摩の入口なので、神宮から車で伊勢道路走り15分位です。


(親)「アマテラスさんな、弟のスサノオが悪い事ばっかするで怒って隠れた洞穴やで~」

(子)「そーなんや~」


”隠れたとか”言う話は結構好きみたい。



(親)「隠れたで、昼やのに全部真っ暗になったんやで~」

(子)「

暗いの嫌いで若干ビビる。


(子)「何で?」

(親)「太陽の神さんやで」



(子)「え、弟はどんな悪いことしたん?

(親)「・・・・色々(説明出来ず)」


駐車場からテクテク歩きながら画像-0467

空気が澄んでいてとても気持ちいい
画像-0468

5分位で着いた画像-0472

岩戸から流れ出た清水が滝になった。禊滝(みそぎたき)と言います。
とても綺麗です。

画像-0474

この滝の上にあがるとご神体がある。画像-0477

(親)「ほれ、この穴に隠れたんやで」
(子)「へ~
画像-0478

この洞窟から流れ出る清水は、日本名水百選に選ばれています。

岩戸に隠れたアマテラスさんを何とか外に出すのに神さん達が相談して
天宇受売命(あめのうずめのみこと)が外で踊りまくって他の神さんも騒いで気を引いてたら、
アマテラスさんは覗き見するために
戸を少し開けたら、こじ開けられて引っ張り出された。

この神話に出てくる、踊るウズメさんは伊勢神宮の傍の猿田彦神社の中に祀ってあります。
でも、猿田彦神社は別宮ではないです。



さらに、ここから500m位山道をのぼる
子供は探検気分画像-0481

風穴があります。夏は前に立つとひんやりします。
画像-0484


自然がとても神秘的です。

 
内宮を出て、車で来ました。

月讀宮(つきよみのみや)。内宮さんの別宮です。

外宮の別宮の月夜見宮と読み方も同じで、神さんも同じ天照大神の弟の月讀尊です。

この月讀宮には、弟のツキヨミノミコトの他に

お父さんのイザナギさん、お母さんのイザナミさんも祀ってあります。

月読

清々しい気持ちになるような
何だか、好きな神社です。
 
内宮さんの神さんは、天照大神です。

イザナギさんが左目を洗ったら生まれました。


凄いですね。天照大神は、皇室の御祖先の神で、


日本人の総氏神とも言われています。


凄いですね~

神宮

1月5日にしては人が少ないです・・。

この階段を上って参拝したら、左の方に帰り道があるので
いつもはそこを通るのですが

今回、初めて
誘導されたのが、右側の方から裏側?に回って帰ってきました。
それでもやっぱり奥は見れませんが。

五十鈴川も綺麗。画像-0281


澄んだ空気も好き。画像-0455



また行こう。
正月時期はいつまでか知らん長いこと駐車場代高いけど。
 
今回、内宮さんいって初めての経験だったのが、

参拝したあと、裏側から帰ってきた(言うとる意味わからんな

画像-0456

まずは、鳥居をくぐって・・

画像-0486

新しくなった橋を渡る・・

そういえば、平成25年は62回目の神宮式年遷宮です。

「式年遷宮」は20年に一度社殿を建替え、御装束や御神宝を新調して神さまにお遷り願うという行事。

先駆けて宇治橋だけが、4年も前に新調されます。(昭和24年59回目の神宮式年遷宮は戦後混乱で延期になったけど橋だけは架け替えた。昭和28年に式年遷宮が復活したから、それ以降、橋の架け替えは式年の4年前になった)

と、説明をちょっとしましたが・・何が1番言いたいかというと

「式年遷宮」にむけて、

「お木曳き」て行事があるんですよね~。

式年の7年前からはじまる。今回は平成17年~だったか、(何か長いことある)

これは、式年で使う木を、川曳きやら陸曳きやらするんです。

これに参加する伊勢の地域の人々がいます。

そのため、この「お木曳き」
になると、その辺りの人は一斉に家にいなくなります。

なかなかつかまりません。


顧客さんとかに、書類に印鑑ひとつ押してもらう事なんぞも至難の業です。


あ、何が言いたいかというと

「でたうっ・・お木曳き!」
と、この時期は言いまくりなのです。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。