03 | 2017/04 | 05

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
検索フォーム
FC2カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
フリーエリア
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今回、内宮さんいって初めての経験だったのが、

参拝したあと、裏側から帰ってきた(言うとる意味わからんな

画像-0456

まずは、鳥居をくぐって・・

画像-0486

新しくなった橋を渡る・・

そういえば、平成25年は62回目の神宮式年遷宮です。

「式年遷宮」は20年に一度社殿を建替え、御装束や御神宝を新調して神さまにお遷り願うという行事。

先駆けて宇治橋だけが、4年も前に新調されます。(昭和24年59回目の神宮式年遷宮は戦後混乱で延期になったけど橋だけは架け替えた。昭和28年に式年遷宮が復活したから、それ以降、橋の架け替えは式年の4年前になった)

と、説明をちょっとしましたが・・何が1番言いたいかというと

「式年遷宮」にむけて、

「お木曳き」て行事があるんですよね~。

式年の7年前からはじまる。今回は平成17年~だったか、(何か長いことある)

これは、式年で使う木を、川曳きやら陸曳きやらするんです。

これに参加する伊勢の地域の人々がいます。

そのため、この「お木曳き」
になると、その辺りの人は一斉に家にいなくなります。

なかなかつかまりません。


顧客さんとかに、書類に印鑑ひとつ押してもらう事なんぞも至難の業です。


あ、何が言いたいかというと

「でたうっ・・お木曳き!」
と、この時期は言いまくりなのです。

スポンサーサイト
 

Comment


        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。